佐々木 玄Official Site

TOP > MESSAGE

MESSAGE

MESSAGE

時は金なり & 時間の使い方

皆さんはアスリートにとって最も大切なものは何だと思いますか?いえいえ、「最も大切な財産!」っと言う方が合っているかもしれませんね。私が思うアスリートにとって最も大切なものは「強い心」ですが、今回は財産についての話なのでそれ以外のものについてです。私が思うアスリートにとって最も大切な財産とは「時間」です!もちろん、人によって答えは違いますが、これが今の私の答えです。これはアスリートに限らず全ての人に言える事かも知れません。

まず、生き物の寿命には限界があります。そして、アスリートにも競技寿命や競技人生と呼ばれるものがあります。もちろん競技寿命を伸ばす事は可能ですが、永遠ではありません。限られた時間の中に生きている訳ですから、この時点で「時間」がとても大切な財産であると言えます。現役引退後の活動でそのスポーツ業界に大きく貢献し活躍する方も居ますし、スポーツ自体をやめる訳ではないので「一生現役」と言う考え方も出来ます。私もその考え方ですが、やはり私たち人間は不老不死ではありませんので、いつかは現役引退の時が来ます。来世でも同じ競技をやるなら別かも知れませんが(笑)。アスリートは限られた競技人生の中にトレーニング、大会や競技会、仕事、休み、その他の活動を凝縮するしなければならないので、時間はどれだけ有っても困らないと言えるかも知れません。ただ、私は限りあるからこそ考え、悩み、もがくのでそれが面白いと思っています。

私がこの「時間」っと本気で向き合う様になり始めたのは高校生の頃からで、当時高校生だった私は、アルバイトでトレーニング費用や遠征費を稼いでいました。もちろん自分一人でトレーニング費用や遠征費をまかない切る事は出来ませんでしたし、まかない切ろうとしたならトレーニングに当てる時間が極端に減ってしまいます。その事について考えている時に先輩が「もし、自分だけの1日が他の人の2倍(48時間)あったなら、24時間を仕事に当てて24時間をスキーに当てられるのにね」っと言いました。私はその時「確かに!そんな事が可能なら無敵になれる!」っと思いました。皆さんもそう思いませんか?それほど時間の価値は大きなものなんです。私はそう思います。もちろん、時間の価値を理解したからと言って現状が変わる訳ではありません。時間、お金、環境が整えられる様になるまでは、その問題と向き合い続けなくてはいけません。ここで大切なのはその問題をどう解決するか、時間をどう使うかです。ここで時間の使い方について考えさせられる言葉をいくつかご紹介します。「この世に無駄な時間なんてない、無駄な時間とは自分が無駄にしている時間のことなんだ!」この言葉は私が中学生の頃に体育の先生だった方が言った言葉です。「大きな目標を達成するのに自分一人の24時間だけじゃ足りる訳ないじゃん!」「何をするのか決めるのと同じくらい、何をしないか、何をやめるのか決めるのは重要である」これらは私の「時間」に対しての価値観を形成するのに大きな影響を与えた言葉です。時間の価値を理解したなら、次にやるべき事は時間の使い方の見直しです。

ここからは私が現在取り組んでいることや、これから取り組もうとしている事についてお話します。高校生の頃から取り組んでいる事は、日常生活や仕事のトレーニング化です。これは単純な話で、例えば、移動はなるべく歩きか自転車を使用し、自転車で通勤通学する際には目的地まで全力で自転車を漕ぎ、漕ぎ方によって使う筋肉を変え刺激する筋肉を変えます。薪割りも同じ要領で行い、使う筋肉を変えます。その他にもエスカレーターを使わず階段を使う、農家さんでアルバイトをしていた時には、トマトの苗植えを行う際、スクワットの姿勢でカニ歩きの様に横移動しながら苗植えを行なっていました。そうする事でマッスルコントロールを身に付ける事が出来ますし、日常生活がトレーニング(体作り)へと変わります。もちろん、足りない分は別に時間を設けますし技術トレーニング、メンタルトレーニングも別の時間を設けます。こうしたからと言って大幅な時間を確保できる訳ではありませが、体作りに当てていた時間を減らす事には繋がりましたし、今まで以上に良いコンディションを作り出す事に成功しました。もちろん、試行錯誤を繰り返し様々な方法を試しました。これが高校時代から続けている事の1つです。既に取り組んではいますが、これからさらに力を入れようと思っている事は、自分が実現したい事を声に出し、人に伝える事です。そうする事で自分の目標を知ってもらい、協力者や理解者を見つけ出す事が必要だと考えています。1人で全てをこなす事は難しいですし、そもそも時間が足りません。自分以外の人に任せられる事は、任せられる人や自分より得意な人に手伝ってもらう事で、自分自身は本来自分がやるべき事に集中することが可能になります。私はこう言った方法を使い、無駄のない凝縮された時間を過ごす事が必要だと考えています。それにこうして考え試す事は本当に楽しく、面白いです。何かを試し変化を感じた時、殆どの人がそう感じると思います。

時間の使い方の工夫についてお話しましたが、もちろん、ただ単に隙間時間を利用するだけではありません。このMESSAGEの途中で出て来た「何をするのか決めるのと同じくらい、何をしないのか決めるのは重要である」この言葉にある様に、ただトレーニングの時間を確保するだけではなく、無駄なトレーニングなども減らしていく必要があると思います。そう「無駄なトレーニングをしない」っと決める必要があります。これは重要なポイントだと思います。ただ無駄かもしれない事がいつか役に立つ場合もあります。そこのバランスを考えるのは難しいです。しかし、無駄を減らしていくことは悪い事ではないと思います。何が正解で何が不正解なのか、これは考え続けても答えは出ない事が多いと思います。私が大切にしている事はその答えを求め考え続け、試し続け、変化し続ける事です。時間との向き合いも同じだと思います。

最高の滑りをする為、時間と向き合う事は必須だと信じていますし、自然な事だと考えています。やはり「時間」とは素晴らしい財産ですね!